MAGAZINE "RENEW"

Culture を作る - DRIVETHRU DIRECTOR: SHOGO JIMBO - backup

国内外から注目を集めるオンラインモーターマガジン「Drivethru」。これまでの自動車情報だけを取り上げたモーターマガジンではなく、自動車にファッション、アートを組み合わせた、モーターカルチャーマガジンである。同誌は広告費に頼らず、スポンサーやタイアップ企業へのクリエイティブワークや、ブランディングプロジェクトを通して、成り立っている。それがマスに迎合しない、目の前の読者を熱狂させる、エッジの立ったプロジェクトにつながっているとba2は考えている。ディレクターの神保氏に話をうかがった。   ■「誰か一人を感動させる」  「2014年2月に、Drivethruを始めました。Web Magazineならどこでも買えるし、印刷代もかからない。当時の自分と同世代が読みたいと思う車とファッションやアートを掛け合わせたようなカルチャーマガジンがなかった作りましたので、作りました」 ごく自然のことのように語る神保氏だが、独自の視点で編集されたコンテンツが、世界中にファンをもち、Drivethru に影響を受けた次の世代が、第二、第三のオンラインモーターマガジンを登場させている。  Drivethruを他と大きく差別化しているものとして、広告収入に頼らないビジネスモデルだろう。言うは易しだが、メディア運営をしたことがある方なら、それはそう容易くないことは想像できるだろう。収入源となるタイアップ企画やブランディングプロジェクトを常に成功させなければいけないプレッシャーにクリエイターとしてどのように向き合っているのだろうか。 「果たして、本当に誰かに読まれるのか、常に公開前は不安になりますけど、 イメージした想定読者の誰か一人でも感動させられたらと思って、企画、実行しています。結果として、それが過去のプロジェクトではうまくいって、クライアントがピンポイントで指名してくる好循環になっている」   ■マーケットフィットを感じた「限界号プロジェクト」 表参道のCommune 2nd※を拠点に神保氏がDrivethruのプロジェクトを展示する際に知り合った。メディアサーフコミュニケーションズが、表参道の遊休地をコミュニティ型商業施設として運営し、感度の高い人たちが国内外から集まる人気スポットであった。そこで、展示した「生け花×自動車」のコンセプトで作られたのが「限界号」で、コンパクトバンの屋根に巨大な造形物が載る強烈なインパクトでした。「限界号を出したときに車に興味ない人にも、車ってかっこいいと思ってもらえたのは手ごたえを感じました。車×アート×ファッションなど垣根を超えたものなので、多くの方から反響をもらえました。」     ■企画のスイートスポットの見つけ方「ターゲットを明確にし、面白いと思うものしかやらない。」 メルセデスベンツのカスタムを行うアローズ社の企画で、DRIVETHRUが企画したベージュ色が特徴のCLASSIC LINE ベンツは、世界中に発信されるている。 また、高級車ばかりの企画ではなく、オートバイのスーパーカブの耐久レースなどにも積極的に参加している。 「誰にでもなじみのあるカブの企画なら、日本独自のコンテンツとしても成立し、かつ多くの方に楽しんでもらえると思いました。スピードがそんなにでないプリミティブな乗り物を載るからこそ楽しいですよ。」 また、2輪の免許すらもっていなかった神保氏自身が、1964年までに生産されたボトムリンク式サスペンションのモーターサイクルのみが参加出来るレースイベント、B.O.B.L (Battle Of Bottom Link) に参戦すべく、“BOBLへの道”と題しあの手この手とチーム一丸となってレースへ挑むロードレースストーリーが、ヴィンテージな雰囲気でありつつも次なるモーターサイクル・カルチャーを発信している。    ■宝物は「5万円で購入したBMW 318i」  「学生時代に中古車でバイトしていた時に5万円で購入。10年以上地元で保管していたが、タイアップ企画でEVコンバート(電気自動車のモーターを載せる)の話がきました。かなり、大規模のプロジェクトなので、すでに3年くらいかけているし、デッドラインを設けずやっていきたい。新しい技術を使いながらも、味を活かすために、ホイールなどもわざとこのままにしている。...

新しいMobility Culture を作る - DRIVETHRU DIRECTOR: SHOGO JIMBO ba2

新しいMobility Culture を作る - DRIVETHRU DIRECTOR: SHOGO JIMBO

国内外から注目を集めるオンラインモーターマガジン「DRIVETHRU」。これまでの自動車情報だけを取り上げたモーターマガジンではなく、自動車にファッション、アートを組み合わせた、モーターカルチャーマガジンである。同誌は広告費に頼らず、スポンサーやタイアップ企業へのクリエイティブワークや、ブランディングプロジェクトを通して、成り立っている。それがマスに迎合しない、目の前の読者を熱狂させる、エッジの立ったプロジェクトにつながっているとba2は考えている。ディレクターの神保氏に話をうかがった。   ■「誰か一人を感動させる」企画作り    「2014年2月に、Drivethruを始めました。Web Magazineならどこでも買えるし、印刷代もかからない。当時の自分と同世代が読みたいと思う、車とファッションやアートを掛け合わせたようなカルチャーマガジンがなかったので、作りました。」 ごく自然のことのように語る神保氏だが、独自の視点で編集されたコンテンツが、世界中にファンをもち、Drivethru に影響を受けた次の世代が、第二、第三のオンラインモーターマガジンを登場させている。  DrivethruをDrivethru足らしめている特徴として、広告収入に頼らない独自のビジネスモデルだろう。言うは易しだが、メディア運営をしたことがある方なら、それはそう容易くないことは想像できるだろう。収入源となるタイアップ企画やブランディングプロジェクトを常に成功させなければいけないプレッシャーに、神保氏はクリエイターとしてどのように向き合っているのだろうか。 「果たして、本当に誰かに読まれるのか、常に公開前は不安になります。ですが、 イメージした想定読者の誰か一人でも感動させられたらと思って、企画、実行しています。結果として、それが過去のプロジェクトではうまくいって、クライアントがピンポイントで指名してくる好循環になっています」。 解像度高く設定した想定読者一人を意識することが、結果として、ありふれたコンテンツからの差別化につながり、こうして私たちのように熱狂したファンを産むのだろう。 ■手ごたえを感じた「限界号プロジェクト」 神保氏とは、表参道のCommune 2nd※を拠点に神保氏がDrivethruのプロジェクトを展示する際に知り合った。※メディアサーフコミュニケーションズが、表参道の遊休地をコミュニティ型商業施設として運営し、感度の高い人たちが国内外から集まるカルチャーの発信地であった。残念ながら、2021年役目を終える。Commune 2ndに、Drivethru の企画で「生け花×自動車」のコンセプトで作られた「限界号」が展示されたのだった。コンパクトバンの屋根に巨大な造形物が載る強烈なインパクトで、世界中に拡散された。「限界号を出したときに車に興味ない人にも、車ってかっこいいと思ってもらえたのは手ごたえを感じました。車×アート×ファッションなど垣根を超えたものなので、多くの方から反響をもらえました。」 こちらの動画を見てほしい。今見ても唯一無二のクリエイティビティを感じる「限界号」の映像だ。      ■企画のスイートスポットの見つけ方「ターゲットを明確にし、面白いと思うものしかやらない。」 Drivethruでは、近年力を入れているのは、オートバイのスーパーカブのレースイベント、B.O.B.L (Battle Of Bottom Link) である。   「誰にでもなじみのあるカブの企画なら、日本独自のコンテンツとしても成立し、かつ多くの方に楽しんでもらえると思いました。スピードがそんなにでないプリミティブな乗り物を載るからこそ楽しいですよ。」 2輪の免許すらもっていなかった神保氏自身が、“BOBLへの道”と題し、あの手この手とチーム一丸となってレースへ挑むロードレースストーリーと、ヴィンテージな雰囲気のビジュアルに、私たちも虜だ。これからもDrivethruの展開に目が離せない。  ...